忍者ブログ

迷惑サービス防止会

不快で迷惑なサイトに対する対策方法を中心に、役に立つ情報を紹介するブログです。相互リンク募集中。

このブログについて リンクの紹介及び募集 綺麗な検索 サービス一覧 記事の寄贈と意見募集 寄付について BBS メールフォーム

削除依頼について 記事一覧: 運用情報 迷惑サービス防止 ステマ 防止会レポート サイトの調べ方 小レポート 防止会サービス 全部

[PR]

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【防止会レポート Vol.29】ついに2chが完全に転載禁止に

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



ついに2chの全面的な転載禁止が宣言されました。

どういう顛末があったのか説明すると、アフィブログの運営者が好き勝手に転載禁止を解除しろと荒らしと言える程騒ぎ立てました。この状況にジム氏はアフィブログをアフィカスと呼ぶほどブチギレ、次々と板を転載禁止にした後、全ての板を転載禁止にした、という事です。

ここで謎なのがアフィブログの異常極まりない行動です。

もし、あなたがアフィブログの運営者で転載禁止の危機に晒された時にはどうしますか?
おそらく、同業者と一致団結してブログの読者に転載禁止を行わないよう、ジム氏に進言しようと
呼びかけ、転載禁止反対の署名を集めてジム氏がいるスレッドに行くでしょう。また、各板の転移禁止を問う投票に読者と同業者をけしかけて、転載禁止の反対票を投じるでしょう。余裕のある人なら、携帯電話やネットカフェ、知り合いの家のネット環境を利用して自身が使用できるIPアドレスを水増しした自作自演を行うと思います。

ですが、アフィの運営者で上記で考えられるような常識的な方法を一切取りませんでした。ただ、2chの運営の板でギャーギャー騒いでいただけです。さらに自作自演した奴がいたようなのですが、全くIPアドレスを偽装せず、ジムに自演があっさりバレました。

その上で、アフィブログの管理人と読者はいつまでたっても転載禁止の件が気に食わないと騒いでいるのです。何故、上記で考えられるような、常識的な方法で転載禁止を食い止めようとしなかったのか、まるで理解できません。

なお、多くのコピペブログ(アフィブログ)は今回の件の原因を嫌儲のせいにして、在日韓国人の集まりというレッテルを貼っているようです。
この事に関して嫌儲民は「自分達が盾になっている」「何故か危険集団扱いされて畏怖されている」と喜んでいる模様です。ちなみに元凶の一つであるなんJ民はあまり叩かれていません。やはり、唐澤貴洋弁護士の被害を見て恐れているのでしょうか。

最も、彼らはまだ進藤勇気と鶴田浩之に勝利といえるほどのダメージ(進藤:Naverまとめの垢を消させる。鶴田:詐欺師として逮捕、会社が潰れる、運営しているブログが全閉鎖等)を行っていないので、恐れるに足らずだと思うのですが。彼らなんJ民の最終目標である唐澤貴洋弁護士の降臨も未だに達成されていません。

とにかく、コピペブログ対策の運動は一段階超えたという事です。ですが、まだコピペブログの親玉というべき元凶は残っています。

おそらく、次の段階は
・2chのアフィとステマを目的にした荒らしの排除
・ホットリンクの倒産
・ソニーの倒産
・株式会社LINEと角川の倒産
あたりでしょうか。

このうち、荒らしの排除はジム氏に任せるべきでしょう。ただ、今のジム氏は他にやるべき事が多すぎるため、一段落してから荒らしの排除をお願いすべきでしょう。
ホットリンクは大変小さく2chのデータを入手できなかった事で株価が一気に下がっているため、このブログのようにホットリンクの悪評を広める事で倒産すると考えられます。
ソニーは今年の6月までに借金を払うための1100億円を用意できなければ倒産の可能性が大だそうです。もし払えたら、次の倒産チャンスは来年の9月だそうです。今のところ、今年の6月に倒産するよう祈るしか我々に出来る事はないでしょう。
(ついでに、このような事を書いた事でこのブログを何故か敵視している速報@保管庫(Alt)というブログが再び攻撃的な記事を書いてこのブログのPVを伸ばしてくれるでしょう)

LINEと角川は規模が大きい上に調子がいいのでしばらくの間倒産させるのは不可能だと考えられます。ただ、角川のステマとNaverまとめの危険性を糾弾する事で、多少の対策になると考えられます。

にして、こんな状態を見過ごすなんて、ステマの元締め(角川とソニーと株式会社LINE)は何を考えているのでしょうか・・・。このうち、LINEはライブドアニュースで2ch転載禁止のニュースを他のサイト経由とはいえ、報道する始末です。


関連記事

ステマの元締め関連
  1. 【防止会レポート Vol.26】韓国と関わりが深い会社、ホットリンクが行うツイッターや2chの監視マーケティング
  2. 【小レポート Vol.43】韓国と関わりの深い会社、ホットリンクが2chへの攻撃を再開?
  3. 【防止会レポート Vol.11】2ちゃんねるの運営会社?未来検索ブラジルとその御用達レンタルサーバ、株式会社ジェンマエンジニアリング
  4. 【ステルスマーケティング Vol.4】ソニーのステルスマーケティングの実態
  5. 【ステルスマーケティング Vol.7】はちま起稿の管理人の父親が運営する会社、オープンドリーム
  6. 【ステルスマーケティング Vol.9】ステマの常習犯?三木一馬
  7. 【記事一覧 Vol.4】アスキー・メディアワークス関連の記事一覧
  8. 【ステルスマーケティング Vol.5】韓国企業、NHN(ライブドア)とステルスマーケティング
  9. 【記事一覧 Vol.2】ライブドア関連の記事一覧
  10. 【ステルスマーケティング Vol.26】wikipediaにあるステマの会社、WillViiの記事の怪しい編集履歴
  11. 【記事一覧 Vol.7】ステルスマーケティング関連の記事一覧
  12. 【記事一覧 Vol.3】株式会社リアジュー関連の記事一覧
2ちゃんねる関連
  1. 【防止会レポート Vol.22】2ちゃんねるの運営の現状
  2. 【防止会レポート Vol.23】2ちゃんねるの相次ぐ転載禁止は何故出来たのか
  3. 【防止会レポート Vol.24】2ちゃんねるの運営は何故未来検索ブラジルを通報したのか
  4. 【防止会レポート Vol.25】未来検索ブラジルが行った2ch攻撃の酷い説明
  5. 【防止会レポート Vol.11】2ちゃんねるの運営会社?未来検索ブラジルとその御用達レンタルサーバ、株式会社ジェンマエンジニアリング
  6. 【防止会レポート Vol.12】2ちゃんねるの元管理人、西村博之(ひろゆき)が1億円の申告漏れ
     
  7. 【防止会レポート Vol.15】2ちゃんねるの収入の仕組み
  8. 【防止会レポート Vol.1】 ひろゆきによって商標登録される2ちゃんねる
  9. 【小レポート Vol.30】2ちゃんねるの管理人がひろゆきである証拠?
  10. 【防止会レポート Vol.14】2ちゃんねるの削除人の悪行
  11. 【防止会レポート Vol.18】2ちゃんねるの削除要請が9割放置された理由
  12. 【記事一覧 Vol.2】韓国の会社であるライブドア(株式会社LINE)関連の記事一覧
さらに関連記事をお読みしたい方は【記事一覧 Vol.1】2ちゃんねる関連の記事一覧をぜひお読みください。

拍手[8回]

PR

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【防止会レポート Vol.28】幼稚な煽りすら耐え切れず書き込みを削除する鶴田浩之

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



下の記事の続きとなります。鶴田浩之は東日本大震災で多くの人からお金を騙し取り(その額、100万以上)、女性に対して性犯罪を行い、恐るべきトラウマを植えつけた人物です。

  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
  2. 【小レポート Vol.37】もう罪は消えたと思ってブログを再開した鶴田浩之
  3. 【迷惑サービス防止情報 Vol.37】鶴田浩之がブログを復活させた理由
  4. 【迷惑サービス防止情報 Vol.39】prayforjapanを復活させた鶴田浩之の震災詐欺疑いまとめ
  5. 【小レポート Vol.40】鶴田浩之が訴訟をちらつかせる?
  6. 【防止会レポート Vol.27】訴訟をちらつかせる鶴田浩之

この鶴田浩之の幼稚な人間性が明らかになりました。上記の訴訟をちらつかせている時点で幼稚だと言えますが、それがはっきりしました。

この鶴田浩之はポケ速という悪質なコピペブログ(アフィサイト)を運営しています。そして、このポケ速にはしたらばを利用した掲示板があります。

http://bbs.pokesoku.jp/read.php/pokemon/

この掲示板を2chの利用者(ねらー)が試しに軽く荒らしてみたのですが、この荒らしで見せた動きがあまりにも幼稚なのです。

2chで行われた荒しというのはツルやツッルなど、端から見れば単なるあだ名にしか見えない蔑称を書き込んでみるという物です。このような荒らしは当面放っておけば良い物を鶴田は削除したのです。

これにより、2chの利用者の荒らしはエスカレートし、ついには「ツルポケモンっているの?」というの書き込みですら削除されました。これではポケ速の掲示板でツルの話すら出来ません。
最終的に掲示板が閲覧のみになり、書き込める時間帯が制限されました。閲覧のみはともかく、書き込み出来る時間帯が制限されるというのは前代未聞です。

確かに掲示板を荒らされたら、何らかの形で規制するのは当然ですが、その理由が殺害予告でもスパムでもなく、単なる自分への蔑称とは、あまりにも幼稚です。
また、この手の荒らしは放っておくのが一番効果的であり、削除などを行って荒らしを煽るよう行為をしたのは最悪と言い切っていい悪手です。そもそも、子供じゃないんだからツルやらツッル呼ばわりぐらい、許しておくべきでしょう。

おまけにポケ速の掲示板には削除人が四人います。つまり、鶴田が運営している株式会社ラビットの業務が鶴田の掲示板の削除という可能性があるのです。
確かに掲示板の削除は大変大事な行為であるのですが、いくらなんでも自分への大変くだらない罵倒を削除するという、幼稚極まりない命令を聞くなんて誰もやりたくないでしょう。
まぁ、私も荒らしのアクセスログを公開して、このような個人攻撃というべき下らない記事を作っているので、こんな事を言える立場じゃ全くありませんが。

ついでに鶴田浩之のこのブログに関する監視について、説明します。そんな大した事ではありません。

鶴田は2つの記事をはてなブックマークしています。そして、はてブでの「まあ訴訟は半年くらいかかるし」というコメントを消しました。今のところはこれだけです。

【小レポート Vol.37】もう罪は消えたと思ってブログを再開した鶴田浩之
【小レポート Vol.40】鶴田浩之が訴訟をちらつかせる?

にしては、何故バレバレなはてぶを行ったのでしょうか・・・・別のアカウントを使うとか、普通は偽装すると思うのですが。

はっきり言って、東日本大震災の被害者を騙すような人間が取れる行動ではありません。もしかしたら、裏に暴力団がいて、あれこれ指示を出したのかもしれません。最も、その暴力団は鶴田の無能ぶりに呆れて、とうの昔に関係を切っているでしょう。こんな馬鹿と深く付き合っていたら自分達に火の粉が飛んでくるのが目に見えているので。


関連記事

進藤勇気(かなちん)と鶴田浩之というクズ関連
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
  2. 【小レポート Vol.37】もう罪は消えたと思ってブログを再開した鶴田浩之
  3. 【迷惑サービス防止会 Vol.34】悪質な自作自演によりお金を稼いでいた進藤勇気
  4. 【迷惑サービス防止情報 Vol.35】ツイッター速報の運営者、進藤勇気の悪行一覧とその対策方法
  5. 【迷惑サービス防止情報 Vol.37】鶴田浩之がブログを復活させた理由
     
  6. 【迷惑サービス防止情報 Vol.39】prayforjapanを復活させた鶴田浩之の震災詐欺疑いまとめ
  7. 【ステルスマーケティング Vol.37】個人情報流出により、北大でコピペブログを運営するアフィサークルの存在が発覚
  8. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
  9. 【迷惑サービス防止情報 Vol.36】悪行を繰り返すツイッター速報管理人、進藤勇気(かなちん)と父親(進藤勉)のセーラー服購入
  10. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
コピペブログやNaverまとめにより、悪質な金儲けをしていた人間の異常行動
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.29】佐村河内守と清水鉄平(はちま起稿の管理人)に見る詐欺師の特徴と対処方法
  2. 【ステルスマーケティング Vol.37】個人情報流出により、北大でコピペブログを運営するアフィサークルの存在が発覚
  3. 【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
  4. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
  5. 【迷惑サービス防止情報 Vol.32】 第三者が行える鶴田浩之のようなストーカーの対策方法
     
  6. 【ステルスマーケティング Vol.30】同業他社を誹謗中傷し、自身のステマを行っていた世永玲生(マモノ)
  7. 【ステルスマーケティング Vol.32】荒らした後も2ちゃんねるを閲覧しているアスキー・メディアワークス
  8. 【ステルスマーケティング Vol.12】ステマ疑惑について沈黙を続ける三木一馬
  9. 【ステルスマーケティング Vol.34】アキバblogとオタク.comの悪行と危険性
  10. 【ステルスマーケティング Vol.7】はちま起稿の管理人の父親が運営する会社、オープンドリーム
その他、コピペブログおよびNaverまとめ関連
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.5】 違法DLした人間を通報しよう
  2. 【迷惑サービス防止情報 Vol.9】 詐欺に騙された方へ。弁護士と消費者団体と警察への相談方法
  3. 【迷惑サービス防止情報 Vol.12】振り込め詐欺の防ぎ方
  4. 【ステルスマーケティング Vol.6】はちま起稿を運営していた会社、株式会社KND
  5. 【記事一覧 Vol.8】個人情報流出関連の記事一覧
     
  6. 【迷惑サービス防止情報 Vol.13】韓国企業、株式会社LINE(NHN JAPAN)のNAVERまとめで個人情報流出
  7. 【ステルスマーケティング Vol.5】韓国企業、NHN(ライブドア)とステルスマーケティング
  8. 【小レポート Vol.18】ステマの中心人物?ライブドアの田端信太郎
  9. 【小レポート Vol.19】2chまとめサイト(コピペブログ)と後藤組という暴力団には繋がりがある?
  10. 【迷惑サービス防止情報 Vol.28】Twitterでデマを流し、ステルスマーケティングを行うスパムツイートとは

拍手[9回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【防止会レポート Vol.27】訴訟をちらつかせる鶴田浩之

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



鶴田浩之が自分のブログで以下の様なことを書きました。

http://www.mocchiblog.com/?p=14694#more-14694

見ればわかると思いますが、大変ひどい文章です。

一番の問題は具体的にどこから悪評がばらまかれたかの具体的情報(私のブログ、新聞の名前、なんでも実況板等)を出していない事でしょう。その名前を出せば、多少は自分の悪評が無くなるのにです。
(少なくとも、彼は私のブログが悪評をばら撒いている事を把握しています。)

自分は被害者であると言いながら、具体的な被害状況を言わない。これでは自身が詐欺師であると大声で言っているようものでしょう。

おまけに今度は訴訟を起こすような事を言い始めました。
実はここ数週間の間、数千件もの誹謗中傷の書き込みや風説の流布、自宅の住所・電話番号など個人情報を
記載した嫌がらせメール(現在、裁判所の訴状・仮処分とプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求
などを進めています)、民事だけでなく刑事事件としての脅迫(身の危険を感じたので、すぐに110番通報しました)、
自宅やオフィス前の不審者の訪問、実家の両親の氏名・電話番号・プライバシー侵害、非通知からの無言電話
などが、残念ながら今日も続いています。90年代からの古参ネットユーザーの一員として、その程度の煽りの
耐性はついていますが、さすがに脅迫の書き込みや、まったく無関係の友人への名誉毀損まで波及すると、
法的にも全面的にスルーするのは難しそうです。

長いのでこちらで http://www.mocchiblog.com/?p=14694
実際に訴訟を起こすのかは分かりません。(鶴田自身が運営している掲示板のIPの開示はやっているようです。)ですが、私は訴えるのは不可能と言える程難しいと考えています。

裁判で訴えるには壁が大きすぎるのです。まず、名誉毀損ですが、これは「週刊誌が嘘を全国で報道した」というぐらいの出来事でないと、まず刑事訴訟は出来ません。おまけにもし本当の事であれば、罪にする事は出来ません。

逆に言い換えると鶴田は自身が詐欺を行っていない事、次にストーカーでない事を立証する必要があります。ストーカーである事は被害者からしっかり聞きましたので、まず無理です。詐欺にしても、prayforjapanの金の行き来を全て説明しないといけないので、これも不可能に近いでしょう。

また、鶴田浩之はなんJ民を完璧に敵に回しています。このなんJ民は2ch史上、最凶最悪と言っても過言ではない凶悪集団で自分達を訴えた唐澤貴洋弁護士に数億円クラスの大損害を与えました。そのようななんJ民を敵に回している人間を弁護できる弁護士がそうそういるとは思えません。そうでなくても、訴える中身がくだらなすぎて、誰も相手してくれないでしょう。

もし、実際に訴えたとしても彼の名誉(あればですが)を完璧に復活させる事は出来ません。著作権侵害を行った事、アフィブログを運営していたという事実は消えないからです。むしろ、裁判所で叫弾されて、ますます悪評が広まる可能性があります。おまけに訴訟を起こした事にキレたなんJ民が更なる襲撃をかけてくるのです。

そもそも、この程度の煽りで訴訟をちらつかせるような奴が弁護士の煽りに耐え切れるとは思えません。鶴田浩之が受けた程度の煽りなど、ネット上ではよくある事なのです。

訴えるにしろ訴えないにしろ、相手の脅しには屈するわけには行きません。ここまで来たらとことん行くしかないのです。

なお、鶴田は上の文章ですら嘘をついています。そもそも1990年代は2chすらありません。おまけに鶴田は1999年で8~9歳程度です。ネットなんて出来るはずがありません。

関連記事

進藤勇気(かなちん)と鶴田浩之というクズ関連
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
  2. 【小レポート Vol.37】もう罪は消えたと思ってブログを再開した鶴田浩之
  3. 【迷惑サービス防止会 Vol.34】悪質な自作自演によりお金を稼いでいた進藤勇気
  4. 【迷惑サービス防止情報 Vol.35】ツイッター速報の運営者、進藤勇気の悪行一覧とその対策方法
  5. 【迷惑サービス防止情報 Vol.37】鶴田浩之がブログを復活させた理由
     
  6. 【迷惑サービス防止情報 Vol.39】prayforjapanを復活させた鶴田浩之の震災詐欺疑いまとめ
  7. 【ステルスマーケティング Vol.37】個人情報流出により、北大でコピペブログを運営するアフィサークルの存在が発覚
  8. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
  9. 【迷惑サービス防止情報 Vol.36】悪行を繰り返すツイッター速報管理人、進藤勇気(かなちん)と父親(進藤勉)のセーラー服購入
  10. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
コピペブログやNaverまとめにより、悪質な金儲けをしていた人間の異常行動
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.29】佐村河内守と清水鉄平(はちま起稿の管理人)に見る詐欺師の特徴と対処方法
  2. 【ステルスマーケティング Vol.37】個人情報流出により、北大でコピペブログを運営するアフィサークルの存在が発覚
  3. 【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
  4. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
  5. 【迷惑サービス防止情報 Vol.32】 第三者が行える鶴田浩之のようなストーカーの対策方法
     
  6. 【ステルスマーケティング Vol.30】同業他社を誹謗中傷し、自身のステマを行っていた世永玲生(マモノ)
  7. 【ステルスマーケティング Vol.32】荒らした後も2ちゃんねるを閲覧しているアスキー・メディアワークス
  8. 【ステルスマーケティング Vol.12】ステマ疑惑について沈黙を続ける三木一馬
  9. 【ステルスマーケティング Vol.34】アキバblogとオタク.comの悪行と危険性
  10. 【ステルスマーケティング Vol.7】はちま起稿の管理人の父親が運営する会社、オープンドリーム
その他、コピペブログおよびNaverまとめ関連
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.5】 違法DLした人間を通報しよう
  2. 【迷惑サービス防止情報 Vol.9】 詐欺に騙された方へ。弁護士と消費者団体と警察への相談方法
  3. 【迷惑サービス防止情報 Vol.12】振り込め詐欺の防ぎ方
  4. 【ステルスマーケティング Vol.6】はちま起稿を運営していた会社、株式会社KND
  5. 【記事一覧 Vol.8】個人情報流出関連の記事一覧
     
  6. 【迷惑サービス防止情報 Vol.13】韓国企業、株式会社LINE(NHN JAPAN)のNAVERまとめで個人情報流出
  7. 【ステルスマーケティング Vol.5】韓国企業、NHN(ライブドア)とステルスマーケティング
  8. 【小レポート Vol.18】ステマの中心人物?ライブドアの田端信太郎
  9. 【小レポート Vol.19】2chまとめサイト(コピペブログ)と後藤組という暴力団には繋がりがある?
  10. 【迷惑サービス防止情報 Vol.28】Twitterでデマを流し、ステルスマーケティングを行うスパムツイートとは

拍手[12回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【防止会レポート Vol.26】韓国と関わりが深い会社、ホットリンクが行うツイッターや2chの監視マーケティング

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



突然ですが、株式会社ホットリンクという会社をご存知でしょうか?主にネット上にある書き込みのデータを集めてマーケティングを行う事が業務の会社です。このホットリンクは韓国の会社、ガーラと大変深い関わりがある会社であり、ソニーや電通共関係を持っています。

相当前の話になりますが、ガーラが2ちゃんねるのデータを利用しているという記事を作りました。

【防止会レポート Vol.2】ガーラが2ちゃんねるの権利を独占?
【防止会レポート Vol.3】ひろゆきの東京プラスと怪しいサイト・まちBBS

そして今、ニュースとなっていますがホットリンクはそのデータを入手できなくなりました。ホットリンクはリアルタイム性の高い情報収集を売りにしており、未来検索ブラジルと東京プラスと契約を結び、データを入手していたのだそうです。

2ch騒動が上場企業に飛び火 データ取得障害でホットリンクが業績への影響を説明

おそらく、2chのデータを入手していた手口はこういう物でしょう。未来検索ブラジルがクローラと呼ばれる種類のプログラムで2chにアクセスし、データを入手。それも普通のサイトなら攻撃扱いされるほど頻繁に。2chの旧運営は本来攻撃と判断すべきクローラのアクセスを攻撃を防止するプログラムのホワイトリストにする事で黙認していました。そのデータをホットリンクにリアルタイムで渡していたのです。

そして、ジム氏が2chを乗っ取った後、ジム氏率いる新運営がこのクローラを攻撃扱いしてブロックしました。そのせいで止まってしまったようなのです。なお、このブロックにより未来検索ブラジルが提供する2ch検索や広告も使用不可になっています。

ここで不可思議なのが、いつホットリンクが未来検索ブラジルと契約を結んでいのたかです。
確かに上の記事とニュースには「2ちゃんねるのデータ利用を取得する権利を与える」と書いてありますが、あの契約は東京プラスと未来検索ブラジルの契約であり、表向き2chの運営会社であるパケットモンスター社及びレースクイーン社の契約ではありません
それに契約時のひろゆきはまだ表向きでも2chの管理人でしたが、その後2chの管理人を辞めました。つまり、東京プラスとブラジルには本来2chの管理者ではないのです。

例えると本来東映の著作物である仮面ライダーを普段使用許可を貰っているだけのバンダイナムコゲームスが任天堂に使用許可を出したような、明らかに出鱈目な契約なのです。
契約当初ならまだしも、今のブラジルと東京プラスと契約を結んだところで2chのデータを使用できる権利がホットリンクに与えられるわけがありません。

これが未来検索ブラジルが2chの実質的運営会社であった事を示す重大な証拠しれません。

ちなみに今回の件でホットリンクの新たなる監視が判明しました。これは2ch以上に多くの影響を与える物です。

株式会社ホットリンクはTwitterに投稿された全データのアクセス権を取得する契約をツイッター社と結んでいました。つまり、株式会社ホットリンクはツイッターの監視まで行っているのです。

しかも、全データのアクセス権です。IPアドレスやダイレクトメッセージ、鍵付きの書き込み等といった見られたくない情報も抜き取っていると考えていいでしょう。

コメントから間違いの指摘があり、改めて調べてみたところ、ツイッター社と契約していませんでした。ツイッターの公開データを調べる事を業務としているgnip社という会社と契約する事でツイッターの情報を得ていた事が判明しました。

http://www.hottolink.co.jp/press/5600

読者の皆様、間違った事を書いてしまい、申し訳ありませんでした。

ツイッター社はこのgnip社とどういう関係にあるか、早急に説明を行うべきでしょう。また、ホットリンク社は誤解を生まないような説明をすべきでしょう。

外国の方でこのブログを見ている皆様へ

コメントをする時は無理しないで、現地の言葉でお願いします。韓国語だろうとフランス語だろうと構いません。どうにかして訳します。もちろん、日本語もつけてくれると嬉しいのですが、無理して日本語だけ書かないでください。

関連記事
  1. 【防止会レポート Vol.22】2ちゃんねるの運営の現状
  2. 【防止会レポート Vol.23】2ちゃんねるの相次ぐ転載禁止は何故出来たのか
  3. 【防止会レポート Vol.24】2ちゃんねるの運営は何故未来検索ブラジルを通報したのか
  4. 【防止会レポート Vol.25】未来検索ブラジルが行った2ch攻撃の酷い説明
  5. 【防止会レポート Vol.11】2ちゃんねるの運営会社?未来検索ブラジルとその御用達レンタルサーバ、株式会社ジェンマエンジニアリング
  6. 【防止会レポート Vol.12】2ちゃんねるの元管理人、西村博之(ひろゆき)が1億円の申告漏れ
     
  7. 【防止会レポート Vol.15】2ちゃんねるの収入の仕組み
  8. 【防止会レポート Vol.1】 ひろゆきによって商標登録される2ちゃんねる
  9. 【小レポート Vol.30】2ちゃんねるの管理人がひろゆきである証拠?
  10. 【防止会レポート Vol.14】2ちゃんねるの削除人の悪行
  11. 【防止会レポート Vol.18】2ちゃんねるの削除要請が9割放置された理由
  12. 【記事一覧 Vol.2】韓国の会社であるライブドア(株式会社LINE)関連の記事一覧
さらに関連記事をお読みしたい方は【記事一覧 Vol.1】2ちゃんねる関連の記事一覧をぜひお読みください。

拍手[5回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【防止会レポート Vol.25】未来検索ブラジルが行った2ch攻撃の酷い説明

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



下の記事の続きとなります。前に未来検索ブラジルが2chを攻撃していた事に関する記事です。

【防止会レポート Vol.24】2ちゃんねるの運営は何故未来検索ブラジルを通報したのか

この後、未来検索ブラジルは説明を行いました。その内容は下のリンクに詳しく書いていますが、簡潔に述べると「とにかく2chへの攻撃はp2と関係ない」です。

http://p2.moritapo.jp/

余程自分達が攻撃していないと言いたいのか、わざわざ2chのトラフィック数やらJimが攻撃だと判断した証拠やら出して攻撃していないと釈明しました。その一つ一つを摘み取って説明すると

1.元々、我々のIPは2chの攻撃防止プログラムのホワイトリストに入っていたのだが、そのリストから外された。さらに我々のIPからのアクセスを完全に遮断された

2.ジムが攻撃だと判断したアクセスはp2の物ではなく、未来検索ブラジルが提供している2ch検索サービスのクローラ(検索を行うためにウェブページのデータを収集するプログラム)のアクセスであり、p2が原因ではない。

3.もしも攻撃があったのならば、消費トラフィックが急激に増大しているはずですが、そのような事実はない

4.未来検索ブラジルはは10年間に渡って、2ちゃんねる関連のサービスを利便性の高いサービスを提供することをし、2ちゃんねるがより豊かなものになるよう貢献してきた。これはジム(レースクイーン社)側の誤解である。この誤解が解かれる事を祈る。
.
だ、そうです。はっきり言って、説明らしい説明になっていません。そもそも「p2で攻撃を受けたと誤解されている」という前提が間違っています。

まず、Jimは「未来検索ブラジルから攻撃を受けた」と説明しています。p2が問題とは一言も言っていません。とりあえず、未来検索ブラジル経由のアクセスを攻撃扱いにして遮断したらp2が使えなくなったというだけです。

次に問題なのは、p2で負荷がなくても検索で負荷があった事でしょう。2chの検索は未来検索ブラジルの提供です。結局、未来検索ブラジルがやらかした問題なのです。
そもそも、攻撃防止のプログラムのホワイトリストに入っているのですから、それほど恒常的に何度もアクセスしていたのです。つまり、ずっと前から2chに攻撃し続けたのと同じ事をしていたわけでトラフィックの増えた減ったで判断するのはお門違いでしょう。

そして、最大の問題は「自分達がそこまで悪くないと思うのなら何故Jimに直接説明しないのか」
という事でしょう。ジムは2chの鯖の運営会社です。それにブラジルの重役でるひろゆきとも今と関係があります。連絡先ぐらいすぐわかるはずです。なら何故ジムに働きかけてp2を復活させないのか、全く分かりません。おまけに最後に「2chを豊かにしていた」と大変白々しい。

ジムは未来検索ブラジルに攻撃されたとして日本警察に通報しました。云わば未来検索ブラジルを突き出したのです。さらに2chはp2のみならず、ブラジルが提供していた検索も広告も使用できなくなっています。余程、仲がこじれているのでしょう。

とりあえず、未来検索ブラジルはさっさと「自分達が悪かった。何とかしてp2を復活させていただけないか」とジムに謝るべきです。そして、p2を復活できなれば、今度はユーザーに謝れば事は大方済むでしょう。そんな事もできない辺り、未来検索ブラジルは余程幼稚な会社だと考えられます。

なお、p2の利用者には何らかの補填を行う、との事です。実際は莫大な返済要求を回避するためのようですが、そんな事言ったらどの会社も同じなので補填するといっただけ良しとしましょう。
最も、その補填がちゃんと行われたらの話ですが・・・・

さらに、ブラジルのアクセスが遮断された事でホットリンクという会社がマーケティングに使用していたデータも取得できなくなりました。この事はまた改めて記事にします。

関連記事
  1. 【防止会レポート Vol.22】2ちゃんねるの運営の現状
  2. 【防止会レポート Vol.23】2ちゃんねるの相次ぐ転載禁止は何故出来たのか
  3. 【防止会レポート Vol.24】2ちゃんねるの運営は何故未来検索ブラジルを通報したのか
  4. 【防止会レポート Vol.11】2ちゃんねるの運営会社?未来検索ブラジルとその御用達レンタルサーバ、株式会社ジェンマエンジニアリング
  5. 【防止会レポート Vol.12】2ちゃんねるの元管理人、西村博之(ひろゆき)が1億円の申告漏れ
  6. 【防止会レポート Vol.15】2ちゃんねるの収入の仕組み
     
  7. 【防止会レポート Vol.1】 ひろゆきによって商標登録される2ちゃんねる
  8. 【防止会レポート Vol.2】ガーラが2ちゃんねるの権利を独占?
  9. 【防止会レポート Vol.3】ひろゆきの東京プラスと怪しいサイト・まちBBS
  10. 【小レポート Vol.30】2ちゃんねるの管理人がひろゆきである証拠?
  11. 【防止会レポート Vol.14】2ちゃんねるの削除人の悪行
  12. 【防止会レポート Vol.18】2ちゃんねるの削除要請が9割放置された理由

さらに関連記事をお読みしたい方は【記事一覧 Vol.1】2ちゃんねる関連の記事一覧をぜひお読みください。

拍手[2回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

バーコード

メールフォーム