忍者ブログ

迷惑サービス防止会

不快で迷惑なサイトに対する対策方法を中心に、役に立つ情報を紹介するブログです。相互リンク募集中。

このブログについて リンクの紹介及び募集 綺麗な検索 サービス一覧 記事の寄贈と意見募集 寄付について BBS メールフォーム

削除依頼について 記事一覧: 運用情報 迷惑サービス防止 ステマ 防止会レポート サイトの調べ方 小レポート 防止会サービス 全部

[PR]

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【防止会レポート Vol.23】2ちゃんねるの相次ぐ転載禁止は何故出来たのか

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



大変遅れましたが、やっと出来ました。2ちゃんねるの転載禁止に関する記事です。
yahoo!ニュースで既に知っている方も多いと思われますが、2ちゃんねるの様々な板で転載禁止となっています。

2ちゃんねる最大板「ニュー速VIP」が転載禁止に
2ちゃんねる第2位の人気板「なんJ」も転載禁止に VIPに続きl

これによって多くのコピペブログが潰れるでしょう。ツイッター転載やニュース転載で生き残るところも数多い(はちまを初めに転載禁止にされた五大ブログはこの方法で生き永らえています)でしょうが、いつ転載元が怒って天才を禁じるか分からない状況です。

ある種、このブログの目的は達成できました。(死ぬまで続けるつもりなので辞めませんが。)

ここで謎なのが、何故ここまで強硬な転載禁止命令を出来たのか、です。

このブログを定期的に購読している方なら分かるでしょうが、2ちゃんねるの転載は莫大な資金が動きます。
初めて来た方は億単位の金は動くと思ってください。
(注:多くの会社で億の金が動くという事で、億単位のお金が誰かの懐に入ったり一社が億単位のお金を使う、というわけではない事を留意してください。経済活動で1億程度はそこまで大きい額ではありません。)

ライブドアはほぼコピペブログのみで支えられていると言ってよく、ソニーと角川はステマを行うため、コピペブログに資金を投じています。さらに、片平と鶴田はコピペブログによる詐欺を行っていた事から、裏に暴力団やオウム真理教のようなカルト組織などがいる事も容易に想像がつきます。

【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル

この事から考えるとジム氏が転載禁止をここまで命じるのは不可能です。
やったら最後、暗殺される危険性まであります。

にも関わらず、何故出来たのか、という事になります。その事について3つほど説を考えました。
一番最後の物は人から聞いた話ですが。

1.裏に警察がいる

まず、2ちゃんねるは前々から警察に目をつけられ、ひろゆきが書類送検されたりしました。また、上記で述べたようにコピペブログの運営者で震災詐欺等の犯罪に手を出していた事が明らかになっています。

【防止会レポート Vol.12】2ちゃんねるの元管理人、西村博之(ひろゆき)が1億円の申告漏れ

おまけに、本来このような犯罪を行った人間は身元を調べられないようにする物ですが、鶴田や片平はドメイン情報から個人情報がバレてしまいました。これは殺人事件の現場に運転免許証を落としたのと同レベルの初歩的ミスです。これによって警察でもないド素人に芋づる式に調べられて詐欺師だと分かったのです。

詐欺らしき事に手を出していて、おまけに犯人は無能、こんな連中を警察がマークしていなかったというのは不自然です。

なので、2ちゃんねるの運営は警察から密かに命令を受けて、転載禁止処置が出来るようになったと考えられます。もちろん、その事が公になる事は永久にないでしょう。
公権力の力は絶大な物で、企業では勝てません。おまけにソニーと角川はそこまで官公庁のパイプが太くないと言われています。もし、警察が関与しているとすればソニーと角川は到底太刀打ち出来ないのです。

なので、鶴田浩之、さっさとブログを辞めて警察に出頭しなさい。警察を馬鹿にしてはいけません。

2.ジム氏に会って交渉したくても出来ない

ジム氏に転載禁止を取り止めるよう連絡し交渉するにはかなりの労力がかかります。
というのも、ジムは外国人です。また、2ちゃんねるの運営である事からひろゆきのように警察にも追われる立場です。現に麻薬書き込みの件に関してアメリカの警察が日本の要請で動きました。
さらにフィリピンに家を持っていると言われています。このため、ジム氏と交渉するには3つの壁があります。

一つ目は日本とアメリカの壁です。
日本から人を派遣して交渉するにも、現地法人の人間にやってもらうにもかなり難しいです。
日本からの派遣では現地の滞在時間に制限があり、現地法人の人間ならばステマの事を何もしらないため、交渉が出来ないと考えられるからです。

二つ目は住んでいる場所の壁です。ジム氏はN.T.Technologyという会社を運営していたり、2chのドメインの登録者として個人情報を公開したりしています。ですが、これが本当とは限りません。むしろ、実際に住んでいるところと住所が違う可能性の方が大きいでしょう。電話も通じるかどうか疑問です。住所が本当だったとしてもフィリピンに住んでいたら、それこそ骨折り損です。

三つ目は説得するために必要な資金の容易及び輸送です。会社の資金を賄賂用に用意し、ジム氏の元へ持っていくのは銀行や税務署の目を誤魔化す必要があるからです。その目をかいくぐるのは半端ではない労力がかかります。交渉に使うお金が数百万程度ならまだしも、数千万クラスとなるとかなりの労力がかかります。

結局のところ、2chがいきなり転載禁止にされても容易には動けないのです。おそらく、前々から転載禁止になった時の用意がないと速やかな交渉は不可能でしょう。

3.LINE上場のため、切り捨てられた

現在のライブドアブログを運営しているのはかの韓国企業LINE(NHN Japan)ですが、このLINEには前々から上場するという噂が様々なマスコミから報じられています。上場すると株式市場などから資金を供給できるなどのメリットが有りますが、代わりに警察から目をつけられやすくなるなどのデメリットが有ります。グレーな事業であるコピペブログを捨てるため、あえて黙認している、という物です。

ただ、私はこの説には疑問です。

そもそも、会社というのは一つの事業が上手く行っているからといって他の事業を切り捨てる事は
そうそうありません。また、LINEの事業の先行きが良いかと言われたら、かなり微妙です。理由を述べると長くなるで省きますが、LINEはいつまで伸びるか分からない爆弾と言えますし、NaverまとめもgoogleがNaverまとめのようなサイトをコンテンツファームという検索スパム扱いしている以上、伸びる見込みが少ないと言わざるを得ません。そもそも、コピペブログと大差ありません。

もし今伸びている事業が駄目になった場合、LINEを支えるのはライブドアブログ、という事も十分有り得るのです。それにに世間の目を恐れているのならNaverまとめというサービスも辞めるはずです。なので、切り捨てにかかるとは到底思えません。

最も、これはライブドアブログが黒字運営、という前提での話です。赤字なら大分話は変わります。
ライブドアブログは赤字なら切り捨てるのも同然ですが、ライブドアは利用者が多くて切り捨てづらく、犯罪の方法の紹介など倫理に反するブログを運営している輩も多いので売却も難しいと考えられます。とすれば、転載禁止をあえて黙認し、2chの転載禁止により利用者と倫理に反するブログの運営者を追い出した上で売却または停止、という線は十分考えられるでしょう。

と、いろいろと説を考えてみましたが、、あなたはどう思いますか?

とにかく、日本のネット上でとてつもない流れが起きているのは確かです。もしかしたら、ネットどころか日本を揺るがす大ニュースがそのうち流れるかもしれません。

余談ですが、このブログは明日一周年を迎えます。皆様、いつも読んでいただき有難うございます。明日に今後の予定を発表する事以外、特に企画は行わない予定ですが、もしアイディアがあればブログの一番上の意見募集でお書きください。よろしくお願いします。

関連記事
  1. 【迷惑サービス防止情報 Vol.30】東日本大震災を用いた詐欺を行っていた可能性が高い鶴田浩之
  2. 【迷惑サービス防止情報 Vol.31】詐欺らしき事を働いていた北海道大学アフィリエイトサークル
  3. 【迷惑サービス防止情報 Vol.32】 第三者が行える鶴田浩之のようなストーカーの対策方法
  4. 【防止会レポート Vol.21】鶴田浩之と関係を持ってしまった人々と会社の一覧
  5. 【迷惑サービス防止会 Vol.34】悪質な自作自演によりお金を稼いでいた進藤勇気
     
  6. 【迷惑サービス防止情報 Vol.35】ツイッター速報の運営者、進藤勇気の悪行一覧とその対策方法
  7. 【【迷惑サービス防止情報 Vol.36】悪行を繰り返すツイッター速報管理人、進藤勇気(かなちん)と父親(進藤勉)のセーラー服購入
  8. 【防止会レポート Vol.22】2ちゃんねるの運営の現状
  9. 【記事一覧 Vol.1】2ちゃんねる関連の記事一覧
  10. 【記事一覧 Vol.2】ライブドア関連の記事一覧

拍手[3回]

PR

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

Twitter

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

バーコード

メールフォーム