忍者ブログ

迷惑サービス防止会

不快で迷惑なサイトに対する対策方法を中心に、役に立つ情報を紹介するブログです。相互リンク募集中。

このブログについて リンクの紹介及び募集 綺麗な検索 サービス一覧 記事の寄贈と意見募集 寄付について BBS メールフォーム

削除依頼について 記事一覧: 運用情報 迷惑サービス防止 ステマ 防止会レポート サイトの調べ方 小レポート 防止会サービス 全部

[PR]

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【ステルスマーケティング Vol.26】wikipediaにあるステマの会社、WillViiの記事の怪しい編集履歴

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



前回、WillViiというステルスマーケティングらしき事を行なっている会社について述べました。

【ステルスマーケティング Vol.25】ソニーの人間が作ったステルスマーケティングの会社、WillVii

で、何故前回こんな事を述べたかと申しますと、今回言うことにつながっているからです。

まずwikipediaにはこのWillViiという会社の記事があります。

wikipediaのWillViiの記事

おそらく知っている方も多いと思われますが、Wikipediaは企業が宣伝として自社の記事の編集に乗り出す事が数多くあると言われています。現にWikipeadiaには緩い物ですが「自分自身の記事を作らない」というルールが有り、「検索エンジン最適化」の記事でも一番最後の方にこの悪質な手法について触れられています。

そこでWillViiの記事の編集履歴を調べました。すると、Niamという編集者が記事を立ち上げたことが分かりました。このNiamという人物は編集履歴は少ないのですが、企業の記事を立ち上げまくっていました。
Niamの編集履歴

また、記事の特筆性(Wikipediaに記事を作る必要性の事)が無い記事ばかり作っていると注意を受けていました。

さらに「みんぽす」というサイトについての記事を調べてみました。このみんぽすはWillViiが運営に関わっているサイトです。すると、記事を立ち上げたのはNiamではなく、IPアドレス「220.220.96.166」が立ち上げたことが分かりました。このIPアドレスは四回しか記事を編集していないようですが、mk2というゲームレビューのサイトの記事も編集していたことが分かりました。このmk2にはWillViiが関わっていることも分かりました。

ただ、何らかの企業のIPアドレスが出てこない以上、これ以上調べるのは難しいでしょう。さすがに相手もそこまで馬鹿じゃなかったか・・・・。

ついでですが、ソニーのwikipediaの編集履歴も。調べてみたら、松本山雅FCというプロサッカーチームを編集を何度もやっている事が分かりました。おそらく、社員が社内で勝手にやったと思うのですが、この
松本山雅FCのスポンサーに子ども夢スポンサーとしてソニー(株)長野ビジネスセンターが入っています。(松本山雅FCのスポンサーを参照)こちらは・・・もう呆れるしかない。SCEも調べましたが、少なくとも私が調べた限りでは特に怪しいところはありませんでした。

wikicheckerが調べたソニーのIPアドレス「211.125.138.173」の編集履歴
(ソニーのIPアドレスは他にもありますが、どれでも松本山雅FCに関係した記事が編集履歴の上に入っています。)

関連記事

1.【小レポート Vol.12】自らwikipediaにある自社の記事を編集していたアスキー・メディアワークス
2.【ステルスマーケティング Vol.25】ソニーの人間が作ったステルスマーケティングの会社、WillVii
3.【怪しいサイトの調べ方 Vol.8】wikicheckerでwikipediaの編集者の動きを確認
4.【ステルスマーケティング Vol.2】コナミやソニーを始めに大企業から監視される2ちゃんねる

5.【ステルスマーケティング Vol.4】 ソニーのステルスマーケティングの実態
6.【防止会レポート Vol.8】ソニーのマスコミに対するマネーパワーが減少?
7.【小レポート Vol.5】コピペブログを閲覧していたSCE(ソニー)
8.【小レポート Vol.8】SCEはこのブログで取り上げられた事を把握している模様

拍手[3回]

PR

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【ステルスマーケティング Vol.25】ソニーの人間が作ったステルスマーケティングの会社、WillVii

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



今回は再び過去のネタを引っ張りだしまして、WillViiという危険な会社について取り上げます。この会社は2ちゃんねるによって、はちま起稿が調査された際にDECCI、株式会社KND、はちま起稿の管理人の父親が運営しているオープンドリームと共に発見された会社です。

この会社は以下の様な悪行を行なっていました。詳しい事は下の参考文献を読むと良いでしょう。また、社内にソニーのOBが2人ほどいました。
・特定企業と特定ブロガーとの説明会をセッティングする。
・自分たちのマーケティングに2ちゃんねるや価格.comを用いていた。
(おそらくサクラによるレビューなどを行なっていたと思われる)
・WillViiは「みんぽす」などのレビューサイトを運営しているのだが、その中でソニーを持ち上げレビューが異常に多かった。
・WillVii「アメリカの協議会『WOMMA』に準拠した厳しい体制でやっている」などとブログでメイン元するが、そのWOMMA自体がやらせクチコミやグリーンピースの自作自演を表彰するような機関であると判明した。
・はちま起稿に株式会社ソニーをほめる体験会記事をブログに投稿する事を依頼する。

参考文献
http://www7.atwiki.jp/htmk3/pages/83.html(リンク先危険により無効)
http://www57.atwiki.jp/stealth_marketing/pages/18.html(リンク先危険により無効)

しかも、この会社は自分たちに書かれた不利な記事を名誉毀損として次々と削除して行きました。非常に危険極まりない会社です。

削除された記事

http://gehanew.com/archives/1669032.html
http://gehanew.com/archives/1669275.html
http://blog.goo.ne.jp/hi_tsuka/e/3f0fd63497bc34075b020a90451eb9d3 記事が消えている
http://www31.atwiki.jp/tototuu/pages/180.html(URL先危険)
http://www7.atwiki.jp/htmk3/pages/53.html(URL先危険)

ただ、この削除、妙な部分があるのです。それはニコニコ大百科の記事が削除されていない事です。

実を言うと、ニコニコ大百科には株式会社WillViiの記事があり、そこにWillViiの悪行が書かれているのです。
ニコニコ大百科のWillViiの記事

普通に考えたら消されるはずで、現にニコニコ大百科でステマ関連の記事が謎の理由で削除された事が何度かある(余談ですが、この削除の件でコナミの小島秀夫の評判が悪化しました)のですが、どういうわけかWillViiだけそのままなのです。もしかしたら、WillViiはニコニコ動画の運営であるドワンゴか、ニコニコ大百科の運営である未来検索ブラジルと仲が悪いのかも知れません。

この片手落ちとも言える、削除によってWillViiはすっかりステルスマーケティングを行う会社だという印象がつきました。そもそも、ニコニコ大百科はそこらへんのブログやwikiより遙かに宣伝効果があると考えられるサイトです。その記事を削除できなかった事は非常に大きなミスと言わざるを得ません。

ちなみにこの私の記事が削除されるかどうかは・・・・忍者ブログの運営会社であるSamurai Factory次第でしょう。まぁ、多分大丈夫だと思いますが。これ以上やったらますますWillViiの評判が悪化するだけでしょうし。

参考動画関連記事

1.【ステルスマーケティング Vol.2】コナミやソニーを始めに大企業から監視される2ちゃんねる
2.【ステルスマーケティング Vol.4】 ソニーのステルスマーケティングの実態
3.【防止会レポート Vol.8】ソニーのマスコミに対するマネーパワーが減少?
4.【小レポート Vol.5】コピペブログを閲覧していたSCE(ソニー)
5.【小レポート Vol.8】SCEはこのブログで取り上げられた事を把握している模様

拍手[2回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【ステルスマーケティング Vol.24】このブログを何度も閲覧するアスキー・メディアワークスの動向

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



もう何度目かわかりませんが、またアスキー・メディアワークスがこのブログにやってきました。これだけ散々記事にしているにも関わらずです。
http://under.hagewasi.com/sc0041.png

しかも今日は何度もしつこく見ていました。せっかくなので、アスキー・メディアワークスのこのブログへの動向について、調べて行きたいと思います。

まず、このブログで閲覧している記事についてです。アスキー・メディアワークスは以下の記事を閲覧しているようです。

アスキーが2chを荒らした事に関する記事
【ステルスマーケティング Vol.8】電撃文庫のアスキーによる荒らし
【ステルスマーケティング Vol.9】ステマの常習犯?三木一馬
【ステルスマーケティング Vol.10】三木一馬は同僚もステマで攻撃する人間?
【ステルスマーケティング Vol.12】ステマ疑惑について沈黙を続ける三木一馬

アスキーが私のブログを閲覧(監視?)していた事に関する記事
【ステルスマーケティング Vol.18】アスキー・メディアワークスがステマ疑惑の動きを監視?
【ステルスマーケティング Vol.19】閲覧(監視?)していた事を公表したのにまたやってきたアスキー・メディアワークス
【ステルスマーケティング Vol.22】またやってきて株式会社アドピーエムを調べていた事が分かったアスキー・メディアワークス

アスキーが「アドピーエム」とウェブ検索で検索した事を経由して閲覧した記事
【ステルスマーケティング Vol.15】アキバブログに広告を斡旋していた会社、アドピーエムは今も存続しているのか
【ステルスマーケティング Vol.17】アドピーエムのサイトは何故危険サイト扱いなのか?GMOインターネットはスパムの送信者?

その他のアスキーに関係した記事
【小レポート Vol.7】アスキーを内部告発した水鏡希人はどうなったのか?
【小レポート Vol.9】アスキー・メディアワークスの派閥

とまぁ、見事に自分たちと関係のある記事しか読んでいません。関係が無さそうなのはアドピーエムに関する記事で、それもウェブ検索で「アドピーエム」と検索したという経緯を辿って閲覧しています。明らかにアドピーエムとアスキーが関係がありそうなのがバレバレです。

このブログの閲覧を会社ぐるみではやっていないという推測も成り立ちます。上の画像を見れば分かりますが、一回の閲覧ごとの日付がまちまちです。もし、会社ぐるみで閲覧しているのなら毎日のように来ているでしょうし、そもそも自社のIPで閲覧するなんて事はないでしょう。社内で閲覧できないようにブロックもかけるはずです。

閲覧した際の環境が異なる事がある事を考えると、複数人で見ている可能性は高いと思われます。おそらく、以下の記事で取り上げたステマ派の編集者達(鈴木、小山、三木、和田、高林、小原、土屋、川本)が私的に閲覧していると考えられます。

【小レポート Vol.9】アスキー・メディアワークスの派閥

もう一つは2ちゃんねるを見てまわっているのではないか?という事です。見れば分かるのですが、殆ど直接流入で記事を閲覧しています。検索経由で来たのは「アドピーエム」と検索した際の2件と「ステマ 三木一馬」と検索した際の1件のみです。トップページの閲覧は確認されていないので、単にブックマークしたとも思えません。つまり、どっかこっかでURLを直接見て、それをウェブブラウザで直接指定して見ているという事を意味します。

そして、私のブログのURLは殆ど2ちゃんねるとニコニコ大百科にしか出回っていません。特にアスキーのステマについて調べている電撃文庫総合スレには、私のブログのURLが貼り付けられる事が多々あります。この電撃文庫総合スレを定期的に見ている可能性があります。ただ、自社のIPで来るような輩なら、2ちゃんねる経由で来た事を示す流入元を残すと考えられますので、この辺りはやや信憑性が低いでしょう。

最後にアスキー・メディアワークスの派閥を知られる事に危機感を抱いている人間がいる可能性が高いという事です。画像を見て分かるように、URLがhttp://heyhey.syoyu.net/short/short9のページ、つまり、以下のアスキー・メディアワークスの派閥について触れた記事を何度もしつこく閲覧されています。しかも同じPC環境で、です。
【小レポート Vol.9】アスキー・メディアワークスの派閥

アスキーにおける派閥を知られる事をやばいと考えている人がいる可能性があります。このアスキー・メディアワークスの派閥について広めるとかなり効くかもしれません。なので、推定の物ですが、もう一度アスキーの派閥について貼っておきます。

ステマ派?…鈴木、小山、三木、和田、高林、小原、土屋、(川本)
反ステマ派?…徳田、佐藤、湯浅、荒木、粂田、(吉原、峯)
分類不能…湯澤、黒崎、平井、吉岡、清瀬、阿南

出展は【AMW社】電撃文庫総合スレ251【荒らし発覚中】の>>709からです。再度になりますが、答えてくださった方、情報提供どうも有難うございました。
http://unkar.org/r/magazin/1372484719

関連記事

1.【ステルスマーケティング Vol.2】コナミやソニーを始めに大企業から監視される2ちゃんねる
2.【ステルスマーケティング Vol.4】 ソニーのステルスマーケティングの実態
3.【防止会レポート Vol.8】ソニーのマスコミに対するマネーパワーが減少?
4.【小レポート Vol.5】コピペブログを閲覧していたSCE(ソニー)

拍手[2回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【ステルスマーケティング Vol.23】アニプレックスとステルスマーケティング

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



最新のネタがほぼ尽きましたので、過去にあったネタを引っ張りだす事にしました。今回はアニプレックスとステルスマーケティングの関係性についてです。

まず、アニプレックスについて紹介しましょう。アニプレックスとは、ソニー系列のアニメーションを始めとした映像作品の製造及びDVDの販売などを行なっている会社です。

この会社は前々からステルスマーケティングを行なっていると言われていたのですが、過去に3つほど状況証拠が存在しています。

1.ゆまこと高橋祐馬とやらおんの関係

アニプレックスの社員にゆまこと高橋祐馬という社員がいるのですが、この人は同人誌(何故か発行中止)上でやらおんの管理人と対談を行なっていました。また、個人的に親密な関係にあると言われています。

未確認ですが、この同人誌は古いものでやらおんが問題視されていなかった時の物らしいです。この時、高橋祐馬は今日もやられやくという、過去に存在したブログの管理人とも対談していたそうです。

この今日もやられやくの管理人はやらおんの管理人と仲違いして絶縁関係になり、別々にブログを運営していました。やらおんが巨大化する一方、今日もやられやくはブログ経営が悪化し、最終的にやらおんの管理人にコンピュータウィルスを作成した罪をなすりつけようとして逮捕されたと言われています。

この同人誌の対談はアニプレックスのステマが相当前から計画されていた証拠といえるかもしれません。

2.シャフト公式直販サイトにやらおんのアフィリンクが貼られる

2ちゃんねるのニュース速報の住民がニュース速報(嫌儲)板に移住する発端となった事件です。シャフト公式直販サイトにやらおんのアフィリンクが貼られました。当時、シャフトは魔法少女まどか☆マギカを作っており、その魔法少女まどか☆マギカのDVDはアニプレックスが販売していました。なのでアニプレックスとやらおんの関係性を示す事件ではなかったのではないかと言われています。

3.空予約工作疑惑
2012年4月頃に、アマゾンがアニプレックスのアニメBDの取り扱いを一時的に停止し、同5月にアニプレックスや関係者がアマゾン側による処置だと明言しました。この処置は以前から疑われていた 「アマゾンランキングを操作するための空予約」 に対する処置だと言われています。

なお、アニプレックスがこのブログに来た事は現在のところ、確認されていません。・・・この後に来たら驚きますが。

参考文献

ステルスマーケティングまとめwiki アニプレックス(リンク先危険により無効に)

関連記事
1.【ステルスマーケティング Vol.4】 ソニーのステルスマーケティングの実態
2.【ステルスマーケティング Vol.5】韓国企業、NHN(ライブドア)とステルスマーケティング
3.【ステルスマーケティング Vol.6】はちま起稿を運営していた会社、株式会社KND
4.【小レポート Vol.5】コピペブログを閲覧していたSCE(ソニー)
5.【ステルスマーケティング Vol.18】アスキー・メディアワークスがステマ疑惑の動きを監視?
6.【ステルスマーケティング Vol.19】閲覧(監視?)していた事を公表したのにまたやってきたアスキー・メディアワークス
7.【ステルスマーケティング Vol.22】またやってきて株式会社アドピーエムを調べていた事が分かったアスキー・メディアワークス

拍手[5回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【ステルスマーケティング Vol.22】またやってきて株式会社アドピーエムを調べていた事が分かったアスキー・メディアワークス

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



またまたアスキー・メディアワークスがやって来ました。画像にある、113.43.83.10がアスキー・メディアワークスのIPアドレスです。



今度は株式会社アドピーエムについて調べた事が判明したというオマケ付きです。というのも、アスキー・メディアワークスは以下のURLを経由してこのブログにやってきたからです。見ればわかると思いますが、フェンリルという検索サイトでアドピーエムを検索した時のページです。
http://search.fenrir-inc.com/?hl=ja&channel=sleipnir_2_w&safe=off&lr=all&q=%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0

アドピーエムについて知りたい方は下の記事を御覧ください。要するに株式会社リアジューの前にアキバブログの広告を斡旋していた会社です。2013年現在、会社が残っているのかどうか怪しい部分があります。

【ステルスマーケティング Vol.15】アキバブログに広告を斡旋していた会社、アドピーエムは今も存続しているのか
【ステルスマーケティング Vol.17】アドピーエムのサイトは何故危険サイト扱いなのか?GMOインターネットはスパムの送信者?

これはアスキー・メディアワークスがステマについて関わっている、重大な証拠といえるかもしれません。
記事にした人間がこんな事を言うのもなんですが、普通の人間は株式会社アドピーエムなんて知らないでしょう。おそらく、この会社を知っているのは相当ステマについて調べている人か、このブログの読者か、あるいはステマの関係者だけです。
事実、調べた限り、アスキー・メディアワークス以前に私のブログでアドピーエムの検索を経由してやってきたのはわずか三名のみです。(アスキー・メディアワークス以外にアドピーエムの検索経由で来た人はいない、と書いてありましたが、その後調べ直したところ、いましたので訂正致します。)これはかなり怪しいと言えます。

前回の時点で呆れていましたが・・・、一体何だ?アスキーにはITセキュリティという発想がないのか?
そもそもスマホやら携帯やら在宅勤務やらで済むような物を何故、自社のPCでやるのか・・・・。

この分だと、また気にもせずにやってくるでしょう。その際にはどんな馬脚を表すか見ものです。

関連記事

1.【ステルスマーケティング Vol.8】電撃文庫のアスキーによる荒らし
2.【ステルスマーケティング Vol.9】ステマの常習犯?三木一馬
3.【ステルスマーケティング Vol.10】三木一馬は同僚もステマで攻撃する人間?
4.【ステルスマーケティング Vol.12】ステマ疑惑について沈黙を続ける三木一馬
5.【ステルスマーケティング Vol.18】アスキー・メディアワークスがステマ疑惑の動きを監視?
6.【ステルスマーケティング Vol.19】閲覧(監視?)していた事を公表したのにまたやってきたアスキー・メディアワークス

拍手[5回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

バーコード

メールフォーム