忍者ブログ

迷惑サービス防止会

不快で迷惑なサイトに対する対策方法を中心に、役に立つ情報を紹介するブログです。相互リンク募集中。

このブログについて リンクの紹介及び募集 綺麗な検索 サービス一覧 記事の寄贈と意見募集 寄付について BBS メールフォーム

削除依頼について 記事一覧: 運用情報 迷惑サービス防止 ステマ 防止会レポート サイトの調べ方 小レポート 防止会サービス 全部

[PR]

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【怪しいサイトの調べ方 Vol.8】wikicheckerでwikipediaの編集者の動きを確認

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



三木一馬のステルスマーケティング関連は私が調べていないということもあり、あの動画の後、さっぱり進んでいませんが、代わりに新しい調査方法を見つけましたので、報告しておきます。

wikipediaの編集者について、調べられるwikichekersです。使い方は簡単で、利用者か記事をフォームに入力するだけです。
http://ja.wikichecker.com/

非常に簡単なのですが、効果は絶大で編集者の編集履歴のグラフ化すら、やってのけます。ですが、三木一馬についての調査の際にこのwikicheckerが使われましたが、あまり役に立ちませんでした。

まず、ステマの対象になった塔京ソウルウィザーズについて調べた際、wikipediaの初版があまりにも詳しすぎるという事で、編集者を調査した結果、電撃関連の記事で編集者が被っている記事が多い事が分かりました。

この編集者頭で怪しい人物にルイ20世という編集者が浮上しました。このルイ20世についてwikicheckerで調べてみたところ、2008年からwikipediaで編集活動を行なっている事と、通算四万回以上も編集活動を行なっていることは分かったのですが、電撃関連以外の記事も積極的に編集しており、三木一馬のステマについて調査しているスレッドではステマに関わっていると疑うことが出来ないという結論になりました。

他にも怪しい編集者を私個人で調べてみたですが、IPアドレスがバレている編集者も含め、どうも「この編集者はステマに関わっている」とは一概にいえない編集者ばかりでした。一応、三木一馬の記事で三木一馬の出身地である四国周辺からの編集があったのは分かっているのですが・・・。
もしかしたら、wikipediaを用いたステマはかなり巧妙に隠されているのかもしれません。

とりあえず、三木一馬について事が進展次第、再び記事や動画を作成いたします。しばらくお待ちください。

拍手[0回]

PR

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【怪しいサイトの調べ方 Vol.7】 グーグルマップと自分の足で企業を調べよう

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



今回は至って簡単で単純な調べ方について述べます。グーグルマップを始めとする地図検索で企業を調べます。

まず、企業のサイトの「企業情報」の部分を見ます。すると、そこには住所が載っています。それをグーグルマップなどの地図検索で検索します。至って簡単な方法です。

この方法の利点は財務情報と違い、中小企業でも調べることが簡単に出来るという事です。基本的に企業は仕事を引き受けたり、顧客の問い合わせを受けたりするなどの関係で、どうしても住所と電話番号を公表しなければなりません。

この調べ方が一番聴くのは詐欺サイトなど、犯罪らしき行為を行なっている企業です。住所を地図検索にかけることで、住所がビルやオフィスなのか一発で分かります。もし、住所が民家だった場合、その企業はほぼ間違い無く犯罪を行なっている企業です。現に私もペニオク詐欺らしき事を行なっているサイトを運営している企業を地図検索で調べ、回りが民家だったことを突き止めた事があります。(そこまでは想定の範囲内で、一番驚いたのは電話番号をウェブ検索にかけた時ですが・・・・。)

また、住所がわかるという事は家が近所ならば、自分の足で調べることも出来るという事です。これは2ちゃんねる等で「スネーク」と呼ばれる行為です。ただし、犯罪らしき事を行なっている企業を調べると、逆に尾行されるなどの危険性があるので注意しましょう。なお、建物の写真を撮ることは何の犯罪にも当たりません。

拍手[4回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【怪しいサイトの調べ方 Vol.6】ウェブページの保存で削除対策 その2

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



前回の続きです。ウェブ魚拓とPeeep.us以外の使い方の方法について述べます。

まずはWebAdblockです。これは上記2つと同じウェブページの保存サービスです。違いは保存するページの広告を非表示にする事が出来るなどの、オプションが有ることです。使い方は簡単でURLを指定したら、送信ボタンを押すだけです。

2つ目はウェブブラウザのページ保存機能です。実はウェブブラウザにはページ保存の機能があります。FireFoxの場合は簡単で、右クリックをして「名前を付けてウェブページを保存」を選ぶだけです。

IEの場合はちょっと手間がかかります。まず、Altキーを押します。すると上の部分に「ファイル」「編集」などと書かれた部分が表示されると思います。これは「メニューバー」と呼ばれる物で、ウェブページの保存や全画面表示など、IEの応用的な機能を使用する際に使います。

ここから、ファイルを選択し、「名前を付けて保存」を選びます。これによってウェブページが保存されます。上記のサービスと違い、削除されることはありませんが画像など、完全に保存出来ないことも少なくないため、上のサービスを使うことが懸命でしょう。

もし、これらの方法で保存できなかった場合、最終手段としてスクリーンショットを押しましょう。
スクリーンショットの基本的な方法は
1.Ctrl+PRTSCを押す。
2.ペイントなどの画像編集ソフトを開いて、右クリックで貼り付けを選択する。
3.すると、スクリーンショットされた画像が貼り付けられるので、これを保存する。
なのですが、これではあまりにも不便です。

なので、SnapCrabを使います。これは、非常に便利なスクリーンショットのソフトウェアです。
まず、以下のリンクから、SnapCrabをダウンロードし、手順に従ってインストールします。

SnapCrabのリンク

次にIEを開き、上記の方法でメニューバーを開き、そこから表示バー→ツール→SnapCrabと開きます。そして、SnapCrabを押します。

すると、以下の画像のようになります。後は↕の部分を押すと、ウェブページのスクリーンショットが出来ます。


なお、このIEとは別のSnapCrabのソフトも自動でインストールされます。パソコンの画面の右下の三角(隠れているインジケーターを表示しますの部分)をクリックすると、使うことができます。画面の一部分だけのスクリーンショットが出来たりします。

問題点はSnabCrabはIEでしか使えない事です。上記の別のSnapCrabを使えば、どのソフトでもスクリーンショットが出来ますが、ウェブページ全体の保存はIEでしか出来ません。また、機能が非常に多彩な分、パソコンに慣れた人じゃないと使いこなすのは難しい面があります。より詳しいことを知りたい人は下のリンクを使うといいでしょう。また、このブログやツイッターで質問を受け付けます。何かSnapCrabで困ったことがあったら、私にお気軽に聞いてください。

フリーソフトの活用 Snap Crab 使い方 ~IE Webページキャプチャ~(個人ブログ)

このSnap Crabは使いこなせれば非常に役に立つソフトで、このブログの画像はほとんどがSnabCrabによって作られています。怪しいサイトの調査だけでなく、普段のブログ記事の作成にも役に立つでしょう。

拍手[2回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【怪しいサイトの調べ方 Vol.5】ウェブページの保存で削除対策 その1

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



以下のURLに私の個人情報が載っています。

私の個人情報

・・・見てがっかりしたと思いますが、見れません。何故なら私が削除したからです。

何でこんな事をしたのかというと、今回述べる事に繋がっているからです。今回はウェブページの保存について紹介しようと思います。

ウェブ検索で調べた情報は調べられた相手にとって消される事が多いのです。それを防ぐためにウェブページを保存して削除されても閲覧出来るようにするという方法があります。今回は2つの方法について紹介します。

一つはウェブ魚拓を利用する方法です。使い方はいたって簡単、URLを入れてボタンを押すだけ。これだけで保存出来ます。ですが、著作権の関係で削除される事があります。(なお、削除は基本的に個人では依頼できないとされており、もし削除された場合は個人ではなく、企業が運営しているサイトだと予測することができます。)このサービスは非常に有名で、保存されたウェブページの事を魚拓と呼ばれるぐらいです。

そこで海外のウェブページ保存サービスを使います。peeep.usというサイトです。これも使い方は簡単でURLを指定したら、submitと書かれた箇所を押すだけです。これも削除される危険性があると考えられますが、海外のサービス故に削除は厄介でしょう。

さらにpeeep.usで保存した物をウェブ魚拓に保存するなんて事も出来てしまいます。(逆は不可)これを削除しようと思ったら、相当の手間がかかるのは間違いないでしょう。ただし、完璧な形で保存されない事もあるのでご注意を。

なお、どちらのサイトでも保存できないことがあります。(aguse,jpなど)その時は仕方がないのでスクリーンショットを撮りましょう。SnapCrabというソフトを使うと、簡単に撮ることができます。このソフトについては他の保存方法とともに、後日また述べようと思います。

この上の2つのサービスを利用して保存したのが上の削除されたページとなります。

ウェブ魚拓で保存。
peeep.usで保存。

・・・恐らく、見てがっかりした方が大半だと思います。

拍手[3回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


【怪しいサイトの調べ方 Vol.4】財務で企業情報を調べてみよう

このブログは更新を停止し、Reddit紹介ブログ「Redditへ行こう!」に移転中です



今回は決算などといった、財務情報の調べ方についてです。この手法はニコニコニュースとブロマガについて記事にした時に使用しました。

企業の公式サイトを見ると、「会社情報」や「IR情報」、「株主・会社情報」などと書かれた箇所が見える事があります。例えばドワンゴの公式サイトを見ると「IR情報」と書いてある箇所があります。こういった箇所をクリックすると、決算などについてまとめたページに移動出来ます。基本的に財務情報はpdfファイルにまとめれています。

これを見ると、会社がどんな状態でどんな事をやっているのか一発で分かります。基本的に文字だらけで頭が痛くなる人もいるかもしれませんが、じっくり読んでみましょう。財務というのはご存知の通り非常に複雑で用語もかなり多いのですが、とりあえずは売上(会社に入ってきたお金の全額)と経費(会社の運営にかかったお金)と利益(売上から経費を引いた額。これがマイナスだと赤字で、慢性化すると借金まみれになって倒産する)は抑えておきましょう。他に気になる用語があれば、ウェブ検索や辞書で調べましょう。

この調べ方には重大な欠点があります。それは「規模の大きい企業でしか調べる事が出来ない」という事です。

簡潔に説明すると上場企業以外の会社が決算などといった、財務情報を公に公開する義務がないからです。上場企業というのは証券取引所という、東証などの株式を取引する場で株式を公開している企業のことです。上場企業になるには様々な条件をクリアしなければならず、上場企業は基本的にある程度規模が大きい企業となります。まだ、上場企業になることのデメリットを嫌い、あえてならない企業も少なくありません。

一応、はちまの管理人の父親が代表を務めているオープンドリームのような中小企業、零細企業の財務情報を入手する事は不可能ではありませんが、かなり難しくなります。一番の問題はお金がかかる事でしょう。

一つの方法は官報です。株式会社には基本的に官報などで決算公告を発表しなければなりません。ですが、基本的に官報の入手は最新の物以外、お金がかかります。また、官報で決算公告を発表しない企業もかなり多い模様です。

官報のサイトのリンク

もう一つの方法は帝国データバンクで検索をかけて、入手することです。帝国データバンクは企業の情報を独自に調べている会社であり、@niftyビジネスで有料で公開しています。ただ、この料金がかなり高い。上で上げたオープンドリームを例に取ると、企業情報が1680円、財務情報が7875円です。おまけにクレジットカードじゃないと、お金を払うことができません。

帝国データバンクが調べた、オープンドリームの情報


さらに情報が古いというリスクが有り、挙句には株式会社WillViiなど、帝国データバンクですら検索で調べても全く出てこない会社もあります。

一応、ウェブ検索をかけると出てくる事もありますが、中小企業の財務情報の入手は困難を極めると考えていいと思います。

ただし、企業の調べ方は財務だけではありません。グーグルマップを使うことで別方面から情報を入手することができます。この事については後に述べます。その前にウェブページのコピーの方を紹介するかもしれませんが。

拍手[4回]

↓リツイート、はてなブックマーク、私のTwitterのフォロー等を是非お願いします。


防止会サービス一覧


コピペブログ排除検索サイト、【綺麗な検索】

           

どんなツイッターアカウントも分析可能【ツイッター分析サービス】


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忍者カウンター

バーコード

メールフォーム